静岡の様子

最近静岡に引っ越す予定がある(かもしれない)人を見かけたので静岡の情報を発信していきます。

静岡といっても静岡市の話です。


目次

グッドポイント
    ごみの分別が厳しくない
    静鉄電車の魅力
    そこそこでかい無料の市民プール
    東京と名古屋の中間くらいで便利(?)
    富士山は見放題

バッドポイント
    バスが高い
    沿岸部では津波の危険
    
その他
    おすすめの回線
    学校事情


 

グッドポイント

ゴミの分別が厳しくない

これは静岡市の山の方にあるゴミ処理場が日本でも有数の処理能力があるらしく、通常の焼却場ではダイオキシンになってしまうプラスチックも超高温で焼却するのでダイオキシンが発生しないみたいです。このことがゆるい分別につながっているようです。

ゴミの分別例(前に電話で聞いたやつ)

VHSテープ → 「燃えるゴミで出してください」

プラスチック製の犬小屋 → 「バラして燃えるゴミで出してください」

金属系多め → 「粗大ゴミでお願いします」

 

とまあだいたいこんな感じです。他の地域では、プラと紙は別でホチキスは外して捨てるとか聞いたことがありますが静岡市では全部ポイでOKらしいです。

 

 

静鉄電車の魅力

静岡市には新静岡から新清水まで私鉄の静岡鉄道(通称しずてつ電車)が走っています。この鉄道、実は日本の中でもかなり優秀な私鉄のようです。

 ・ラッシュ時ダイヤは6分に1本

 ・全線電化・複線

 ・40年ぶりに新型車両導入 さらに全車両入れ替え

 ・全国の交通系ICカードが利用可能

このような魅力がある鉄道で「地方私鉄の優等生」より優秀な「地方私鉄の学級委員長」的な立ち位置と言われています。

ラッシュ時は6分に1本来るというJR東海も顔負けの運行頻度なので、一つ乗り遅れても東京のようにすぐに次が来ます。

全線電化・複線に関しては自分も詳しくありませんが、「地方私鉄」ではすごいことのようです。

40年ぶりの新型車両

これはすごい騒がれました。今まで中古の車両で運営してた静岡鉄道がなんと全車両入れ替え計画を立てたからです。

こんな感じでさらに利便性のました鉄道です。

全国の交通系ICカードが使えるようになりました。なんと静岡鉄道は「するっとKANSAI協議会」加盟社のようです。静岡鉄道で関西とはこれいかに

対応カードはKitaca PASMO Suica manaca TOICA PiTaPa ICOCA はやかけん nimoca SUGOKAです。さらにこれは静岡市を走る静鉄ジャストライン(路線バス)での支払いも行えます。

あと、全駅に自動改札があります。コンビニの入り口より狭いところに自動改札が1台だけある駅もあります。

詳細はhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm28537075をご覧ください。

 


そこそこでかい市民プール

これは静岡市の海側にある市民プールのことです。

この市民プールは誰でも無料で入ることができ、小プール、中プール(25m)、大プール(50m)に加え流れるプールまで完備しています。これらは全部無料で入ることができます。なので夏は人が多いです。(言うても東京とかに比べれば全然いない)

その他にはウォータースライダーがあり、こちらは1回150円と有料ですがそれなりに楽しめます。

また夏季は静岡駅から大浜麻機線の路線バス(静岡駅北口バス乗り場1番)がプール経由の運行を行なってくれます。

 


東京と名古屋の間で便利(?)

静岡市は新幹線が止まる駅がある上に東京と名古屋の間くらいにあるので、イベントなどがある時にそこまで苦ではないです。

自分は静岡から名古屋にいったことがないのでそっちの値段はわかりませんが、静岡から東京間の交通事情は、

新幹線  片道58分程度 片道6000円程度

在来線  片道3時間程度 片道3000円程度

車    東名高速静岡IC→新清水JCT→新東名経由の首都高速まで 片道3時間 片道(ETC)5000円程度

だいたいこんな感じです。

新幹線に関しては駅南口の金券屋で静岡駅から東京駅山手線内までの往復が1万数百円で売ってますのでそれがオススメです。


富士山が見放題

これは県民になると一気に富士山へのありがたみが無くなる理由の一つです。晴れてればだいたい見えます

いつもこんな感じです。(画像は東静岡駅付近複合商業施設マークイズ静岡店前の国道一号、左の線路は静鉄)


バッドポイント

バスが高い

これは前述した静鉄ジャストラインが運営する路線バスの話なのですが、静岡市内のバスは全てこの会社が管理運営しています。このバスは東京と違い後払い形式で乗れば乗るほど高くなります。先ほどのプールの話ででた大浜麻機線は、プールから静岡駅までが280円、その先の終点麻機までが540円くらいだったと思います。

路線は結構あるので困りませんがとにかく値段の不満があります。


沿岸部では津波の危険

ほんとこれ

今やどこにいってもこの問題はあると思いますが、静岡には30年以上昔から東海地震が来ると言われています。静岡市には6m程度の津波が想定されています。ですが、海岸の方に津波避難タワーがどんどんできているようで少しは安心(?)になっています。

この地震来る来る詐欺の影響で沿岸部の住居は値段が下がっているようです。

先ほど調べたところ、沿岸部でダイワハウスが数ヶ月前に立てたばかりの新築アパート (6畳+6畳+キッチン+バストイレ+ロフト付)でも月5万と言う値段になっています。

うまく付き合っていけばいいかもしれませんが、どうなんでしょう。


その他

オススメの回線

ここからは静岡に住む時のオススメのインターネット回線を紹介します。

コミュファ光 by中部テレコミュニケーション

こちらのプロバイダは本社が愛知県にあり、中部電気が主体のプロバイダです。中部地方では大手だと思います。こちらは静岡市内なら簡単に契約できます。一部山岳地方は光ケーブルの敷設費用がかかります。それなりにいい速度が出ます。

 

フレッツ光 by NTT

これは言わずもがな知れ渡ってるNTTの回線です。速度は申し分ないです。ただ高い。

 

TNC光 by TOKAIケーブルネットワーク

このプロバイダは東海地方の大手TOKAIグループが運営する回線です。こちらの利点は自社の光ファイバが国道一号の下を東京まで敷設してあることによって速度のいいネットが行えます、また料金も低めです。

 


学校事情

あと学生向けに発信すると、静岡の権力のある私立学校は

常葉大学グループ

静岡理工科大学グループ

の2つだと思います。

とこは大学グループのグループ校は 常葉大学・大学院 常葉大学短期大学部 浜松大学・大学院 富士常葉大学・大学院 常葉学園医療専門学校 常葉学園静岡リハビリテーション専門学校 常葉学園環境情報専門学校 常葉大学附属常葉中・高等学校 常葉大学附属橘中・高等学校 常葉大学付属菊川中・高等学校 常葉大学教育学部附属橘小学校 常葉大学短期大学部附属とこは幼稚園 常葉大学短期大学部附属たちばな幼稚園 とこは保育サービスセンター

と20校運営する巨大勢力です。

 

理工科大学グループのグループ校は 静岡理工科大学 静岡北高等学校 静岡北中学校 静岡星稜高等学校 静岡星稜中学校 静岡デザイン専門学校 静岡産業技術専門学校 沼津情報・ビジネス専門学校 浜松情報専門学校 静岡インターナショナル・エア・リゾート専門学校 専門学校浜松デザインカレッジ 浜松日本語学院

と12校運営する巨大勢力です。

 

 


とりあえず以上です

もしかしたら第2弾やるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です